2006年08月07日

君繋ファイブエム

8月に入って初めてのエントリー。

実は携帯を手に入れ、その携帯からのエントリーを久しぶりに打っている。
携帯を持っていると、何もかもが手に入ったような錯覚に陥ることがある。実際以前はオレも携帯を持っていたのだが、あまりの乱用さに解約されてしまったのだ。

昨日でちょうど、アメリカが日本を手中に納めるきっかけの日は61回を迎えた。あの日から既に60年を超え、尚も苦しむ人がいるなか、オレは楽とも苦とも言えぬ平常を過ごしている。
人間と言う生命体は自己の保全のためならば何でもできてしまう。それをいいことに、自分と似て非なる、しかし自己以上に保全すべき生命体の自己を破棄する。そこまで行かなくとも、人間は自己の中に存在する人間のみを保全し、それ以外を存在しないのと等しく思考し処理する。

オレの好きなアーティストであるASIAN KUNG-FU GENERATIONのアルバムのタイトルが、このエントリーのタイトルである。このタイトルを考えたギターボーカルの後藤さんは言う。「僕がリアリティを感じられるのは、僕の半径5メートル以内にあるもの」
今日このエントリーを書く上で、このタイトルは全てを動かす原動力である気がする。彼は往々にして限界を知り、それを受け入れる。そしてそれを音にして伝える。

オレがアルバイトをしている店舗は、アメリカ。日曜日にバイトがあって、送迎で乗せてもらう人に一言。「何か色んな想いが交錯してるんですよ」
その人は言った。「そういう気持ちは大事にしないとね」

今、自分には人を傷つけることしか出来ないと思ってた心が揺れ動いた気がした…。
posted by butterfly at 23:27 | 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。