2006年05月21日

ガラスの奥。

今日の天気は最近のそれと比べてとてもよかった。よかったのだが、オレはほとんど外に出なかった。こんな調子だから、あまり育たないのだろうが。

先日心持ち新たに部活に入って、気分転換に趣味の風景写真や曲作りをしよう、なんて心うちでは思っていたのだが、なかなか実行に移せなかった。
最近外に出るのがだんだん億劫になってきている。たまに、学校に行くのが面倒だと思うこともある。何にしても、家族のお出かけにもほとんど参加する気がない。いくつかの例外――たとえばオレはカラオケが好きなので、そのときには必ずといっていいほど参加する――もあるが、高校に入ってからは圧倒的に減っている。
それにして、学校の友人とはよく遊ぶ。遊ぶというより、付き合う感じ。たとえば一緒にラーメンを食べに行ったり、彼らのバンドの練習に顔を出して少し手伝ったり。

よく思うのは、交友関係が「狭く深く」になっているということ。クラスでも決まった人としか話さないし、仮に別の人と話しても気が合わなさそうな人や好いていない人とは話す気がしない。共通点とかがあると、自分のほうからよく話しかけている気がするのだが。
前の学年のほうが、やっぱりよかった。今のクラスは、あまりなじめていない。ある程度交友関係が固まっている中に入るのは、なかなか難しい。前のクラスのお別れパーティーなるものがあったのだが、そのときでさえ、このクラスのままでいる気がしていた。できるものなら、前のクラスのままで今を過ごしたい。そう思う。
愚痴みたいになってしまうのだが、今のクラスはみんなが雰囲気任せ、今のうちに楽しんでおこうという雰囲気でついていけない。どうしても取り残されてしまっている気がしてならないのだ。勝手な主観だと思ったが、友人も今のクラスにはなじめないなぁと語っていた。

表面上は、壁のないクラス。でもそこには、透明度が高すぎて見えないガラスの壁があるんじゃないかな。その奥を羨ましそうに眺めながら、なじめずにいるオレたちを、向こう側から見ることはできないのかな。まるでハーフミラー。暗がりからは見えても、明るい側からは明るい彼らしか見ることができない。
自分が自分の夢をかなえることができたなら、そんな壁のない、理想の―理想で終わってしまうかもしれない。けれどそんなクラスを持ってみたいと、思っているオレがここにいる。
posted by butterfly at 22:13 | ☔ | Comment(1) | TrackBack(0) | Diary
この記事へのコメント
こんばんは。
今日図書室ではしゃいでいた某女子です。
ガラスの壁は割ることができる。
もしかしたら其れは理想の理想では無いかもしれない。

HP張っておきますね。
ブログはとりあえず今は勘弁してください。
たらたら自己満足してますが許してください。
Posted by 夏珠 at 2006年06月06日 23:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。