2006年08月22日

平常と異常。安定はその先。

自分自身が言うのも変な話だが、今のオレは明らかにおかしい。慣れないアルコールにじわじわと蝕まれているような、慢性的な不安定さを一人で感じている。
何だか、苦しい。空気だけ入ってきて、抜けないような、充足感と不足感が相容れる状態。

日々の生活も、段々と限界店に近づいている。最低限の生命活動以外の実感をなくしていて、最早自身の充足や不足などを気にしていないようにしか、感じられない。
精神面でも同様に、負の限界まで近づこうとしている。既に負になっている精神をより負にするコンパイル作業を、脆弱な思考―CPUと狭小な視野―RAM、そして逆光な常識―ROMで、一行ずつ丁寧に実行している。

マイナスは、一生オレのモノだ。これまでもこれからも。全てが逆行して、いつか自分の存在が証明できない頃まで、戻る。それが今の理想であり、また予想される未来である。

自分の正の未来を、予測できない…。




「砂嵐の夜に加速して/気付いたら此処は何処か」(ASIAN KUNG-FU GENERATION ; ワールドアパート)
posted by butterfly at 03:00 | ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | Diary

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。